×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

猫の消化器系の病気に関する豆知識情報。猫の病気は早期発見と適切な措置が大切です。

大切な愛猫が普段と異なる様子がみられたときには、早期に獣医さんへ相談しましょう。

猫の病気と症状について

猫の健康ケア

 

ハンディキャップのある猫のケア

 

猫がけがなどのために、手足が1本なかったり、目がみえなかったり、下半身不随であったりすることがあります。あるいは生まれつきの障害で、上あごが裂けていたりすることもあります。 

 

生まれつきの障害で、この先もっと悲惨な結果が予想される、といった場合には獣医師は安楽死をアドバイスします。たとえば上あごが裂けている場合、それを縫って閉じるのが困難だと、ミルクが気管から肺の中に入ってしまって肺炎を起こす可能性が高く、そのような場合には安楽死という選択が正しいものです。

 

生まれてすぐの感染やけがで目がみえなくなった猫はどうするべきでしょうか。この場合には、家の中で飼育するという条件であれば、よいペットとして生活を共にすることが可能です。外に出すと交通事故の危険があるので、それは絶対に避けるべきでしょう。 

 

けがや悪性腫瘍で断脚された場合は、見た目にはかわいそうではありますが、猫はいたって明るく、ほとんど健常な猫と同じ生活が可能です。飼い主が思うほど猫は気にしていません。したがって、獣医師が治療のためのベストの方法として断脚をアドバイスした場合には、これを受け入れるのが動物にとってもベストの選択でしょう。3本足の姿などみたくないという理由で、治療を行わなかったり、安楽死を選択する人もいますが、それは人間の勝手な思いこみかも知れません。そんな場合には猫に問いかけてみてください。「生きたいか?」。 

 

断脚してもまったく治療の望みがないなら別ですが、少しでも望みがあるなら、足が1本ないということなど気にせず、これからも一緒に生活できる、ということを選択してはいかがでしょうか。この場合も走る際の敏しょう性は落ちますので、交通事故や他の猫に追いかけられる可能性なども考えて、室内飼育がベストです。 脊髄の損傷で下半身マヒになった動物には特殊なケアーが必要な場合があります。

 

これは膀胱や腸のマヒで自分で排尿・排便ができなくなった場合です。これはこれから毎日のことなので、飼い主としてはそれなりの覚悟が必要です。毎日膀胱をしぼり、あるいは便秘になった場合には便をかきだす必要もあります。そして膀胱炎や腎臓の感染も起こりやすくなります。 

 

それでも家族ならば最後まで面倒をみるのがあたりまえのことです。自分の毎日のケアーがこの猫の生命を支えているという自覚を持ち、見捨てたり、安易に安楽死を選択しないようにしたいものです。これから一生病気の猫にしばられるというわけでもありません。猫の寿命は人間より短いのです。それまでの間面倒をみてやりましょう。別に旅行に行けないわけでもありません。ホームドクターならば、それまでの経過もすべてわかった上で、旅行の際には預かって看護してくれるでしょう。 

 

一般にハンディキャップがあると、運動が制限されるので、カロリー計算をもとに適切な食事を選ぶ必要があります。また不活発になったり肥満になったりすると、尿石症にもかかりやすいので、最適な食事管理について病院に相談してください。

 

プロポリス配合の最高級犬猫専用プレミアムサプリメント

こだわり抜いたワンランク上のペット専用サプリメント。あなたの家族を守りたいから・・・。選び抜かれた原料と安心の製法でペットのためだけにこだわり抜いて作りました。ご注文はワンランク上の最高級犬猫専用サプリメントをご覧ください。

▼メニュー

 



(c)猫の健康ケア

猫の健康ケア